「ぽっかぽか」は深見じゅん氏の作

「ぽっかぽか」は深見じゅん氏の作で、ほのぼのとしたスタートお笑い戯画だ。はなはだ優しい気持ちになれるので、疲れた内などによむと実に浄化やされます。

 

「ぽっかぽか」は田所世帯を中心に報告が展開します。父親はビジネスマンの慶彦で、女子は女性の麻美だ。そうして両者には愛らしい子供がいて、子供はあすかと言います。どうやらどこにでも掛かる普通の肉親のようですが、変わっているゾーンと言えば、あすかが父親の事を「ちち」、女子の事を「はは」という叫ぶところです。これは思い切り可愛いなと思いました。現に娘にそんなに呼ばせている人もいるのではないかなと思いました。

 

田所世帯は近郊のベッドタウンに住んでいるので、野生溢れていて養育にははなはだいい情勢だと思いますね。こうした素敵なところで養育したら楽しそうですなと感じるような情勢だ。田所世帯の普段を考え方に描かれていますが、結婚式、分娩、子育てといったなんだか他人の生計は覗けないので、いとも参考になる戯画だ。

 

麻美は着実でゆったりやさんだけれど、本当に素敵な人で大好きですね。私もこうしたほのぼのとしたマミーになりたいなと思いました。そうしてあすか様もとても可愛くて優しくて誠実なママなので、やっぱ麻美の安心さが持つ効果が凄いのだと思いますね。これからもちょこちょこ読み返して、参考にしたい戯画だ。

ハニーピールの口コミをまとめてみました