10年代前に都内の中心に突如現れた無秩序フィールド「最悪門-ヘルズゲート-」

10年代前に都内の中心に突如現れた無秩序フィールド「最悪門-ヘルズゲート-」って、それに呼応するように現れた指定力を持つ成約パーソンたち。

人といった成約パーソンの取り組みは、「トーキョーエクスプロージョン」を機に、ひとまずのおしまいを迎えた。

それから数週間後、警視庁公安部のミスト原未咲は東京で起こった殺害一大事をチェックしていた。

会社のエグゼクティヴが少量の文書で圧殺されたというカギから重力系の力パーソンの言動と考えたが、不審パーソンの怨恨による悪行起因が浮上。

全般を合理的に遂行する成約パーソンにありえないそのアクティビティーに、一大事はさらなる考え物を深めて行く。

それと同じくして「トーキョーエクスプロージョン」以後、姿を消していた最強の成約パーソンBK-201〈黒-ヘイ-〉もまた、己の考え方につき動き出していた。

一大事と共にBK-201を追うミスト原未咲。

謎の黒い花を有する物体分離力パーソンハーヴェストを追う〈黒-ヘイ-〉。

そうして成約パーソンになることを切望する乙女・月森梓。

漆黒の花を中心に、人という成約パーソンの幸運を懸けた取り組みがふたたび始まる。

売れっ子を博したスパイ取り組み力作を、人物モデルを役割した岩原裕二が漫画化。

マンガでは描かれなかった、更にのDARKER THAN BLACKエピソード。